虫の眼、鳥の目、魚の眼。

物を見る時の例えです。

虫の眼は隅々まで細かく物を見ること。

鳥の眼は高いところから、対象物との距離を取って見ること。

魚の眼は周りと自分の関係をぐるりと見渡す目のことです。

この3つの眼を持つことでバランスよく物事を見ることが出来、

総合的に多方面から物事を判断することが出来るようになります。

そんなことできるわけないよー。

そんなものの見方は特別な人しかできるわけないでしょ。

そんな声が聞こえてきそうですが、

特別な能力でも、特殊な人しかできないものでもありません。

マンダラ手帳の核になっている、マンダラチャート。

この仕組みが、この3つの眼を育てるために一役買っています。

このチャートを見続け、使い続け、書き続けているうちに

だんだんと3つの眼を意識できるようになるんです。

その人の得意なものの見方もわかるようになります。

思考の幅を広げる方法はいろいろあると思いますが

マンダラチャートは自然に

その思考法を身に付けることが出来るようになります。

===今日の発見===
虫の眼はチョー得意。
無意識な時ほど虫の目全開。
===========