時間の確保は工夫次第

「えっ!5分?!」

おどろいたのはその女性が席に着いてから

離席するまでの時間の早さでした。

ちょうどお昼時。

駅ナカのその喫茶店で軽くお昼を済ませようと思ったのでしょう。

あっという間にパンを口の中に放り込み

飲み物で流し込むという早業でした。

私もお昼ご飯を食べる時間がないときがありますから

とにかく何かお腹の中に入れておかなくちゃ!!

多分そう考えた彼女の気持ち、わかります。

・・・・・

手帳の時間軸を活用するようになると、

一日の流れを意識するようになります。

お昼ご飯を食べる時間が「十分に取れなそうだな・・・」

と思うときには朝食の量で調整するようにしています。

一日を出たとこ勝負的に、バタバタと過ごしたくないなら

時間の工夫が不可欠になります。

例えば、手帳の時間軸の中に予定を入れる時に生まれる

予定と予定のつなぎの時間。

ここをどう活用するかが、一日に充実感をもたらし

満足感で一日を終えるコツだと思っています。

== 今日の発見!! ==
早わざで食事をするよりも
時間の工夫をして、食事時間を確保する
=============