習慣化したい物がある。

やってみた。なんだかしっくりこないと感じる。

「これは私には向かないんだ」

「私がやりたいことは本当はこれじゃないんだ」

そう話してくれた人がきました。

お話を伺いながら“もったいないなぁ、その思考”

と心の中で思いました。

やりたい、やりたくないは本人の自由です。

少しやってみて上手くいかなかった。

根性がなかったからかもしれない・・・

そう思い直して再度同じようにやってみた。

やっぱりできない。

そう思ってあきらめてしまうことが多いのではないかしら。

同じやり方で上手くいくなら初めから上手くいっているはずです。

上手くかなかったのには何か理由があるはずです。

その理由を探さずに、工夫する智慧を出す前に、

上手くいかなかった結果だけを見てしまっているんじゃないかな?

そう感じて〝もったいない“と思ったのです。

続けたことの先に可能性の花が咲く。

そう信じることが出来た時、どんな花を咲かせられるんでしょう。

ぴこ太郎さんをイメージするとわかり易いかもしれませんね。

何年も同じふりをずっと続けている。

それがある日誰かの眼を引き、ブレイクするきっかけになる。

それまでは誰も見向きもしなかったのに。

立川談志師匠の言葉を信じ、自分を信じた。

それがブレイクと言う結果をもたらした。

===今日の発見===
見えない未来は不安。
だから見えるものに頼ってしまう。
本当はどうしたかったのか?
もう一度考えてみよう。
===========