「頑張ってるね」と声をかけると

「まだ私、頑張れてないんです~」

と自分を否定する返事が返ってくる時があります。

謙虚に返事をしているつもりかもしれませんが、

謙虚の意味を間違えている可能性が大です。

せっかく頑張っていることを素直に「頑張ってるね。」

とほめているのに。

「まだ・・・ない」と言う否定形にしてしまうのは

とてももったいないコミュニケーションだと感じるのです。。

“ほめてくれた”

それは嬉しいことのはず。

人に褒められるってなかなかないことだからです。

その時感じた心を素直に表現するだけでいいと思うんです。

素直に「ありがとうございます」

それだけでいいと思います。

「私」という存在をいつも見ていてくれる人がいるということだからです。

「まだ」と言う言葉を使う癖から抜けないと

周りの人からはめんどくさい人、ほめ甲斐の無い人

と思われちゃうかもしれません。

===今日の発見===
自分が本当にほしい言葉をもらうには
どんな人の言葉にも素直に反応できるようになること。
===========