「あれーこんなにいっぱい書けてるじゃん」

10年前のマンダラ手帳を手にして中を見て驚きました。

どのページも私の字で(当たり前ですが)びっしりと書き込まれています。

私の記憶では、なーんにも書けていなくて、

白紙に近い状態だとずっと思っていたんです。

これは一体どういうことなんでしょうか?

その頃はマナーの派遣講師をしていて、結構毎日忙しかったはず。

手帳にびっしりと書き込まれた予定がその痕跡を示しています。

にも関わらず「一冊目の手帳には何も書けなかった・・・」

「まったく使えていなかった」とへこんでいたんです。

手帳と自分の思い込みのギャップを知り、理由を考えてみると、

その当時マナー講師を続けることが苦しくて、限界を感じ、悩んでいたころでした。

「私のやりたいことはこれではない」「いつ辞めようか」

そんな思いがフワーッと浮かんでは「いや、頑張ろう」と

気持ちが右に左に揺れていたんでした。

もうね、その日入っている予定をこなすための時間管理の手帳だったんだと思います。

これではマンダラ手帳の良さを発揮できるはずもありません。

===今日の発見===
記憶は塗り替えられる。
ということを10年前の手帳が証明してくれました。
“記憶より記録”
なるほど~~
===========