理想と現実の埋まらない溝。

理想の自分になろうとすると、ハードルが高くて息切れしてしまう。

現実の自分で生きようとするとモヤモヤしてしまう。

どうしたらいいのかと悩みました。

「理想と現実」そのどちらもありのまま見ればいい。

理想の時間の過ごし方を書いて、現実に過ごした時間を書き残していく。

ずっと続けようと思うと息が詰まってしまいます。

何に何分くらいかかっているなぁー…とおよその傾向がわかり目処が立てば良し。

そんな軽い気持ちでデーターを集めるために、最低一ヶ月は続けてみる。

理想の時間にたどり着くコツは睡眠時間も関係しているのではないか?

と言うのが今考えている仮説です。

出掛けたことによる体の疲れも影響するでしょう。

理想に限りなく近づくためには

まず自分の現状を正しくありのままに知る。

そこから始めるのが一番だと思っています。

===今日の発見===
理想はあったけれども
いつも絵に描いた餅になっていた。
理想は実現するために描くもの。
やっとそこに気が付けた。
===========