人生で初めて出会う人はお母さんとお父さん。

どちらからの愛情を多く感じているかは

お絵かきでわかるみたい。

お母さんが大好きな子はお母さんがおっきく書かれます、

お父さんが大好きな子はお父さんがおっきく書かれます。

私の子供の頃を思い出してみると、お父さんの絵が断然大きかった。

それほど私の中にはお父さんの存在が大きかったということです。

幼稚園までの幸せな感情の向うにはいつも父がいます。

父の笑顔と父の笑い声があります。

大好きでした。

父の言うことは何でも正しくて、人生の智慧に富みワクワクとするものでした。

父といる時間が本当に楽しかった。

私の人生は幸せいっぱいにスタートしていたんです。

愛されていたんだなぁ。

父の遺影に向かって語りかける一か月を過ごしました。

===今日の発見===
向き合いたくない父でしたが
亡くなった今やっと
父と向き合える時間を持つことが出来ました。
===========