手帳の大きさは重要だと最近感じています。

ずっとマンダラ手帳の手の男性の背広のポケットに入るサイズを愛用してきました。

使い勝手も良かったのですが、小さいということは書くスペースに限りがあるということです。

一冊でいろんなことをまとめるには少し無理があるので、

補助に差し込み式のノートを買ってきてはさんでいました。

A5サイズの手帳もあったのですが、手荷物の中に手帳をプラスすると

とても重くなって持ち歩きにくくなるのです。

ずっとB6サイズの大きさがほしいと思っていたら、

そう言うユーザーさんの声も多かったのでしょう。

2年前からB6サイズの手帳が発売されるようになりました。

中の仕様は変わりありませんし、罫線も広くなったわけではありませんが

自由に書けるメモ欄が増えたおかげで、色んな工夫が出来るようになりました。

何よりも変化を感じるのが、紙の広さが思考の広がりを生むということです。

視覚の中でとらえる手帳の大きさの範囲で思考が働いているのを感じるのです。

広ければ広いだけいいのか・・・と言うとそうではなさそうです。

私の場合はB6サイズがちょうどいい感じなのです。

視野全体でとらえることのできる大きさ。

これも手帳を選ぶ時のポイントになりそうですね。

===今日の発見===
紙面が広くなった分
気持ちもゆったりと手帳と向き合っている気がする。
===========