人生の前半は、先行きのことなんかなぁ~んにも考えていませんでした。

ただ一日が無事に終わることだけを願っていた。

今日が楽しければそれでよし。

そんな生き方をしていたように思います。

昼間は友達とおしゃべりをしたり、子供と会話したり、

子供の行事の付き添いをしたりして、結構忙しく過ごしていますが

夜になり、子供が寝てしまうと、急にぽっかりと穴が開いたようになり、

力が抜けてしまうのです。

精一杯動いているのだけれども、それは自分から動いているというよりは

仕方なく動かされている。

それが私の仕事だからやらなくちゃ。でやっている。

夜やっとそこから自分のことを考えることが出来たのです。

でも、人生をどう生きればいいのかなんて誰にも教えてもらったことがない。

どう生きれば間違いのない人生を生きられるのか、誰に聞いたらその答えを教えてくれるのか分かりませんでした。

ましてや自分で自信を持って「こう生きたい」と思える生き方なんてどうすれば見つけられるのかなんて皆目わからなかった。

そんな悶々とした気持ちを抱えたまま日々を過ごすうちに、

人生をどう生きればいいのかの答えを求めるようにベクトルの向きが定まっていきました。

今、ここに至る道のりの中で出会った様々な人や物や事には、

それぞれ出会う意味があったのだと思えます。

あの時、あの人に出会わなければ、この人生はなかった。

あの時、あの出来事が起こらなかったら、今の私はいなかった。

人生ってホントに不思議です。

===今日の発見===
真剣に自分の人生を考えると
その答えを知っている人や物やことに
出会えるものですね。
===========