月間がカレンダー型になっている手帳を選ぶ方多いですね。

私も初めの頃はカレンダー型をチョイスしていました。

一日のマスを3等分して午前、午後、夜、と分けて使っていました。

先で区切らないと午前の用事なのか午後の用事なのか分からなくなってしまいます。

予定に時間を書き入れたとしても、入ってくる順に書き入れることになるので

午前と午後が入れ子になってしまい、スケジュール自体がとても見にくくなってしまうのです。

だから3等分の線引きは大切な作業でした。

先日誰かがカレンダー型は枠があり、制限がかかるから

書き込む量を減らすことが出来るのでシンプルでとても使いやすいです。

と言っていたのを聞いたとき「なるほどな!」

と感心しました。

無制限に予定を入れてしまうと、体力的にもアップアップしてしまう。

ならば一日の枠を意識して、自覚的に予定を厳選するにはどう使うか。

と言う自分の思いが重要になる訳です。

自分の方針と言うのでしょうか。ルールと言うのでしょうか。

やみくもに使っていてはどんな手帳もライフスタイルにぴったりすることはない。

ということでしょうね。

===今日の発見=== 
自分がどうしたいのか?
があって初めて自分らしく手帳を活用できる。
===========