ペンの替え芯の色もカラフルになりましたね。

今では10色展開なんてざらです。

ペン本体も1本単体から2色、3色、4色

さらにはシャープペンもセットされた5本展開のものまで。

それだけ人のニーズを細かく汲み上げて下さるメーカーさんには感謝しかありません。

どんなにがんばっても素人には作れませんからね。

さて、お気に入りで使っていたスタイルフィットにちょっと困ったことが起こりました。

替え芯の入れ替えをするために本体を外したり閉めたりしていて

亀裂が入ってしまったのです。

本体に亀裂が入ると、書いていてもシッカリ閉まらないので

ゆるんできます。

これは困ったことになりました。

たまたま買ったのが弱かったのか、

私の本体の回し方が強すぎたのかわかりませんが、不安は残ります。

どうしようかなぁーと悩んでいると、さらなる情報が飛び込んできます。

スタイルフィットの芯の企画とPIROTのドクターグリップ4+1の芯の企画が同じだというのです。

そこで芯の入れ替えをして使ったら、持ち心地よし、適度な重みで安定して書ける。

いいこと尽くしでした。

それまで一冊の手帳を買うごとにその手帳にあったペンを購入していたのですが、

これで問題は解決しました。

でも、さらに良いペンはないかと文具コーナーに行ってはペンを見歩いています。

===今日の発見===
文具コーナーは私にとっては
おもちゃ箱と一緒。
そこに居ると時間を忘れてしまいます。
===========