ご飯を食べるのにお箸が必要なように

手帳に何かを記録するのにはペンが必要です。

最近のペンコーナーはびっくりするほどの種類のペンが

所狭しと並べられています。

どれがいいのかは実際に書いてみないとわかりません。

試し書きのコーナーがあるので書き心地を確かめることはできます。

でも、そこで試し書きをしても家に帰り、手帳に字を書いたとき

紙との相性が悪く「あちゃー」となることがあります。

ペンを購入するときには必ず使いたいノートを持参し

ノートのはしに試し書きをする!!

コーナーに用意されている紙ではなく、自分の使うノートに試し書きする。

これ鉄則です。

紙質によってはインクがにじんでしまうものもあります。

インクがにじむ、裏写りするというのは手帳にあってはならないことだと思っています。

一気に気持ちが萎えてしまいますからね。

最近は紙質もペンのインクもかなり研究されていて、

昔ほど字がにじむことも裏写りすることも無くなりました。

今私が困っていることがあります。

お気に入りのペンのインクが潤滑油になるのか滑りすぎること。

書くとミミズがはったような字になってしまうことです。

さて、この問題はどうやって解決しましょうか。

楽しい悩みです(笑)

===今日の発見===
お気に入りのペンは2種類あります。
固めのペン先か、
ふにゃふにゃのペン先か・・・
それが問題だ。
===========