少し前知人の間で「妄想」と言う言葉をよく耳にしました。

それも楽しそうに表現するので、違和感を持ちました。

私が間違っているのかと思い調べてみると

「妄想」とは正しくない想念。転じて、根拠のない想像。

とあり、意識的に執着しやすい想念のように思います。

それに対して、「空想」も頭の中で思いめぐらせるのですが、たわいのないもののように感じます。

パッと浮かんでパッと消える。考えている時はワクワクする楽しさを感じる。

使う言葉によって意味合いも変わってくるように感じます。

だって、日本語には「言霊」があるって言うでしょう。

言葉は時代や使う人によって意味が変わっていくものですが、

漢字にはその時の持つ魂が宿っていると思うのです。

人の意識が変わったとしても形で表されるものの意味を変えることはできない。

と私は感じているのですが、いかがでしょう。

美しい日本語だからこそ言葉の意味を変えることなく

変わらなく伝えていくことも先を生きていく私たちの役目なのかもしれないと

思っています。

===今日の発見===
言語学者でないから正確に。
は難しいけれども、
分からなければその都度辞書を引くことだけはしていこう。
===========