一年の中でコロコロと変わる書き方、使い方。

1つのやり方が続けられなくてガッカリしたことも、

「一つのことをやり続けられないなんて・・・」と落ち込んだこともありました。

でも、数年前にやって挫折したやり方を復活させてみたら

楽しく続けることができたり、一つのやり方にとことん悩んでみたりと、

手帳の使い方は大波小波のように揺れています。

見えない人生の未来を追って使うのが手帳です。

「なんだか上手くいった!」そう言う経験をしたことで、

一回上手く使えなかったからって

「落ち込まなくてもいいんだ!!」と思えるようになりました。

上手くいかないと感じたのは

ひょっとしたら未来を先取りしていたからかもしれません。

人生は進化し続けています。

それと同じように、手帳も進化をしていきます。

むしろ人生と共に進化していかない手帳はありえません。

「手帳を使いこなせなくって」・・・

そんな心配する必要は全くありません。

むしろ使いこなせない感覚でいる方が手帳は楽しく使えます。

使いこなせているとはどんなイメージだからでしょう?

そのイメージに縛られるから手帳を使えないと落ち込むんじゃないでしょうか。

そのイメージは未来の自分の姿です。

その姿に近づくために「今」の手帳に向き合ってみてください。

===今日の発見===
イメージに縛られると手帳は楽しくないよね。
使いこなしている。
その本当の姿は何だろう?
===========