とてつもなく大きな壁が目の前に立ちふさがったように感じることが

人生にはあります。

自分の気持ちの持って行きどころがないというか・・・

どの方向に行けばよいのか・・・

どこから手を付けたらうまくいくのか・・・さっぱりお手上げ状態。

こういう時、心は激しく動揺し、動転している。

目の前の壁にしか見えていないのです。

昔の私はそういう時、見ないふりをして気づかなかったことにしてしまいました。

その結果何度も同じようなことが起こるんです。不思議です。

気づかなかったふりをして何度も“やり過ごす”ことを繰り返したことで

「なんでこんな理不尽なことばかり起こるのよ!」

私の中に育っていった感情の一つが怒りです。

昔の私に言いたい。

「その理不尽を生み出したのはあなただったんだから」

大きく感じた壁は実は私の中にある

とても性能のいい虫眼鏡で拡大していただけなんです。

===今日の発見===
ずっと理不尽に腹を立ててきたけれども
実は私が製造元だったなんてね。
「理不尽を感じているのはダ~レ?」
と10代の私に質問してあげたいよね。
===========