「自分の楽しいことを見つけるのも手帳の役割だと思うわ」

とは手帳の会話で盛り上がった時に私が言った一言です。

我ながら“名言だなぁー”と思ったのですが、どうでしょう?

手帳の使い方を楽しみながら

時に四苦八苦しながらマンダラ手帳に工夫を続けて10年。

様々なアイデアを、カスタマイズも含め手帳に展開してきました。

過去には、使う気力をなくしたらもう復活することができず

そのまま年末を迎えた手帳が何冊かありました。

でもマンダラ手帳はそうならなかった。

その違いは何だったのかしら?

と考えて出た結論は、「人生計画」があるかないかでした。

「生きたい人生」が漠然とながらある私は、

手帳の工夫を通じて自分の人生を模索していたのかもしれません。

まるで宝物探しをするように!

いつかきっと「こういう人生を生きたかったんだ。」

と思える人生に出会えると思いながら工夫をする手帳は

楽しくないはずがありません。

その宝物の一つが「生きたい人生の『今』を生きるための手帳術」です。

===今日の発見===
10年かかって掘り当てた宝物は
ダイヤモンドよりも輝いている気がする
===========