前回「その1」を書いてから随分間が空いてしまいました。

ジョハリの窓を応用した日常の中の「緊急×重要」の見える化をする。

今回は緊急で重要なこと、枠で言ったら左上です。

ここに今一つでも当てはまることがあるならば、すぐに取り掛かってください。

例えば電話が鳴り、対応したらクレームだった。

クレームに対する対応はその会社(個人)の信用に大きく関わります。

対応が良ければ評判はよくなり、対応がまずければ評判を落とし、

どちらにしても、じわじわと口コミで広がっていくことになります。

締め切りのある原稿も、初めは余裕があったにもかかわらず

気が付けばあと数日に締め切り日が来ていた!

締め切りに間に合わなければ仕事の能力を問われることにもなり、

次から仕事が回ってこない・・と言うこともあり得ます。

このように、ここを放置すると後々厄介なことになる訳です。

ここに全エネルギーを注がざるを得ないことになるので

この領域に「緊急にしなければならないこと」がたくさんあると

「燃えつき」てしまうことになります。

元々ここは右隣の「重要だけど緊急じゃない」領域に入っていたものばかりです。

次回「その3」ではこの領域のお話をしたいと思います。

===今日の発見===
以前は緊急で重要なことばかりにしてしまっていたわ。
ホントに毎日追われている感じでしんどかった。
この領域が増えてきて、出来ない、仕上げられないから
私の場合は自己否定が始まってしまったのよね。
===========