「ありがたいなぁー」

木陰で信号待ちをいていたとき、

そんな呟きがふとわきました。

今年の夏、とても日差しがきつくってたまらなかったときの話です。

私のところには木陰がある。

でも反対側で信号待ちをしている人のところにはなかった。

もっと正確に表現するなら、

私の心が動いたのは、反対側に信号待ちしている人がいたからです。

木陰を選んで信号待ちができる環境が私にはあり、

反対側の人のところには日差しをよける環境が整っていなかった。

比べることでありがたい環境を選べていたことに気がついたんです。

比べる対象がなければ、きっと「ここに木があってラッキー」

「陰があってついてるー」としか思わなかったかも知れません。

いえ、そういうことすら感じずに「暑いなぁー」とブツブツ文句を呟いて、

さらに暑さが増していたかもしれません。

「ありがたいなぁー」と思えたことで、

それまでの暑さが、1割、2割くらい減った気がします。

===今日の発見=== 
意識していないところにも
ありがたいがたくさんあるんだね。
今頃になって夏の記事を書いても伝わりにくいよね。
===========