学ぶ習慣

子育て時代、数多くいろんなことを学びました。

子供が独り立ちしたときに、世話する対象を失った主婦が鬱になると

テレビのニュースで取り上げられていた時代だったので

子供に依存する私になりたくないと強く思ったからです。

そうならないようにするためには「どうしたらいいんだろう?」

と自分に問いかけていましたね。

上の子が3歳くらい。下の子が1歳になるかならないかの頃でした。

私が考えたのは、土日休みの主人にどちらか一日子供を預けて外出することでした。

新聞やタウン誌などを見て、面白そうなもの、興味を持ったものをピックアップして講座に通うこと。

デパートでショッピングや一人ランチを楽しむ事など、子連れではゆっくりと楽しめないことを楽しみました。

特にカルチャーで人と出会うこと、知らないことを教えてもらう楽しさに開眼しました。

学生時代はあんなに勉強嫌いだったのに、学ぶことが楽しくて楽しくて。

それが今の私を作っています。

学ぶことの楽しさは、マンダラ手帳の思考錯誤につながっているんでしょうね。

手帳の思考錯誤も正解のない答えを探しているようなもの。

毎日が学びの時間のような気がします。

===今日の発見===
一生学ぶことがある。
一生学び続けたいと思えることがある。
ありがたい
===========