どちらが幸せなんだろう

二人の母が健在です。

実母と主人の母。年は91歳と86歳。

ずっとパートナーと一緒で、パートナーに頼り切って生きてきた実母に対し、

義母は50代になる前に夫に先立たれ、それ以来一人で生きてきました。

実母は介護を受け施設で暮らしています。

義母はひざを痛め、歩くのに少し不自由はありますが、頭はしっかりはっきりしているので、まだ一人で頑張っています。

気にはなっているのですが、義母には義母の抱えている心配事があります。

施設に入れば楽になるのは分かっている。

周りが認知症の人たちばかりの環境になったら、自分もそうなってしまうんじゃないか。

だからと言っていつまでも一人暮らしが出来るかどうかわからない。

一人でなんでもできるうちは一人で頑張りたい。

そう言う思いが強いのです。

認知症になり流れるように生きている母と、

自分の未来を選ぶ材料が限られているように感じて不安な気持ちの義母。

どちらが幸せな人生なんだろう?

義母の本当の気持ちは何だろう?

===今日の発見===
あれこれ、私が悩んでいても答えは見つからない。
どうしたいのかの答えは義母が持っている。
実母のどうしたい?の答えは「おいしいもの食べたい」でした。
===========