頭 VS 体

さて、先日のブログ≪時間は私の人生のテーマ?≫

の続きを書きます。

夏休みを過ごすために立てた完璧ともいえる一日の過ごし方。

それに対して実際の私の行動。

そこにはどんな“ズレ”があったのでしょう。

その理由は今の私のベースとなっている「余白」です。

学校の時間割の中にあって、私の作った計画の中になかったのもの。

それは「休み時間」でした。

子供なのに「家で過ごすのに休み時間があるのは無駄!!」

なんて思っていたんですよね。(頭の中で)

身体はそうではなく「休みクレー」だったんです。

国語の時間から算数の時間に替わる時もぱぱっと切り替えようとするのですが

国語モードから算数モードのすぐに変わらない。

ということを初めて実地で学んだのでした。

計画を立てるとき頭は効率化を優先しますが、

身体はどちらかと言えば最適化を目指します。

計画と行動に“ズレ”が生まれた時、

そこをどのように整えていけばよいのかは、

頭に合わせるか体に合わせるか、どちらかしかないわけですが、

大切なことは締め付けすぎず、緩めすぎないことなのかな。

===今日の発見===
子供の頃には「頭」優位だの「体」優位だの
分からなかったけど
ずっと頭でっかちで生きてきたんやわ。
===========