60の手習い

今年還暦を迎えました。

昔々、人間の寿命は50年と言われていました。

それが今や80年、90年時代になってきました。

寿命が延びるということは、

人生の中で何かに挑戦できる時間が増えるということです。

私の人生を振り返って見ると前半はさぼりの人生でした。

50歳になる少し前、マンダラ手帳に出会い

新しい人生の生き方の思考を学び、よたよたと実践し

今、こうして誰かのお役に立ちますように!と念じながら

文章を書かせていただいています。

60歳まで生きられたら奇跡の人生。

そこから赤ちゃんにもう一度生まれ変わる。

人生そこから始まる。ということで

赤いちゃんちゃんこ、赤烏帽子をかぶってお祝いするという習慣がありました。

私も今年還暦を迎え、人生のバランスを取る時間を与えられました。

さぼりまくった人生をどう充実感ある人生にするか、

マンダラ手帳を人生の設計図として

迷いなくまっすぐにゴールに向かって時間を積み重ねていこうと思っています。

===今日の発見===
20代でマンダラ手帳に出会っていたら
人生どんなになっていたのかな?
そんなこと考えずに
これからどんな人生を創っていきたいかな?
にフォーカスし続けよう!!
===========