最近zoomと言う音声サービスがお気に入りです。
どんなものか、名前だけしか知らないときは
おっかなびっくり、
興味はあっても「エイ」と飛び込むことに躊躇していました。

デモ、思い切って使ってみるとこれが何とも快適でいいのです。

「思い切る」
思いを切ることで行動することが出来るということかな?
思ってばかりいては動けないということですね。

外国の物だし、英語だし説明が分からない。
それなら誰かが開催している物に入ってみる。
入ってみる。入ってみる。

それの繰り返しで入ることには馴れました。
次は自分が主催してみる。

上手くつながらない。上手くいかない。
それの繰り返し。
それでもあれやこれやと試してみると
段々使い慣れてくる。コツがつかめてくる。

コツは分かっても一番肝心な人と「つながる」設定のところが
最後までわかりませんでした。

そんな時は無理をせず
諦める前にすることがあります。

知っている人に「聞く」。

私が知らないことを誰かは知っている。
その知っている人に尋ねれば、
ピンポイントで知りたいことを知ることが出来ますね。

私の場合も知っている人に尋ねました。
自分で主催する時の準備から設定の仕方から
相手にお知らせする部分。

私が分からなかったことを親切に教えてもらえました。

人は誰でも誰かの役に立つことが出来る。
人のために何かをすることが出来る。

「見返りを求めず相手のためを思いできることをする」
それは技術的なことだったり、精神的なことだったり
色んなことがあるけれども
特別なことでなくても大丈夫。

私の聞いたその人は私の知らなかったことを
丁寧に惜しみなく教えてくれました。
その人は私に見返りを求めることはしませんでした。

それはマンダラ思考の中の六波羅蜜の1つ
「布施」の心だなと感じました。

自分ができることをする。そう出来ることを喜ぶ心。
それが出来る人は、人から貪ることをしないから
人から感謝されます。

感謝されたいから人のために何かをする。
これは布施ではなく貪り。

見返りを「求めず」と言うのはなかなか難しいです。

あなたが「見返りを求めず」していることは何ですか?
何も特別なことをしなくても大丈夫。
自分に持っている物でできることがあります。

それは「笑顔」、人の心を温かくする『優しい言葉』

マンダラ手帳ではこの布施の心をベースに
人生計画を書いて行きます。
「自分にできることは何だろう?」
と考えるから自分を深く掘り下げることが出来るようになり
本当の自分の想いや気持ちに出会うことにつながるのです。

布施の心「見返りを求めない」を磨くことで人生とビジネスが
自然に豊かになっていきます。

===今日の発見=== 
心磨きは簡単ではないけれども
磨き続けて少しずつピカピカになっていくのは
嬉しいですね。
鏡磨きと一緒かな。
===========