日本人を支えてきたものは道。
「みち」ではなくて「どう」。

剣道、柔道、茶道、華道、弓道、書道、合気道…
他にも何かあるかな

これらに共通していることは基本となる形があると言うこと。

この形の習得を目指して日々の練習に励みます。
形を学び、形を完成させて行く。
それがおけいこ事としてある訳です。

初めは習ったように上手くいきません。
型通りにやったとしてもすぐには教えられた通りに
できるものではありません。

習慣にして学び続け練習し続けて
初めてその型を身に付けることが出来ます。

先生のお手本をまねながら
限りなく先生の形に近づけてゆく

「まねる」が語源で「学ぶ」になったと言われるゆえんです。

形があるということは、基準があるということです。
一つの型からはみ出し過ぎているか、
型の中に小ぢんまりと収まりすぎているか、
そこに人の癖や個性が出てきます。

その癖に気づき乗り越えていこうとすることで、
精神も鍛えられて行きます。

個性に気付くことで
その個性に磨きをかけることが出来ます。

初めはどんなものでも自己流から始まるので、
ほとんどの場合、型からはみ出るか縮こまっているか
どちらかが極端に出てきます。

それを知ることがまず最初。
先生のお手本を真似しつつ
自分とどう違うのか、何が違うのか

そこを知り、探求していうことで技は磨かれ
技術は向上していきます。

物には身に付けるべき形がある。
そして上達していく為には型を学ぶのが
一番の早道だと思います。

マンダラ手帳も同じ。
この手帳の師匠がいるとしたら
それはマンダラ思考になります。

8つの原則、その原則が導かれた原点
それが師匠です。

その原則を手帳を使いながら学ぶことで
人生が上手く行くようになります。
この原則があるから
マンダラ手帳は「人生とビジネスを豊かにする」と言う
コンセプトを掲げることが出来るのです。

このコンセプトはマンダラ手帳を開発し
この手帳を手にして活用する人たちが
幸せに生きれるようにとの
松村先生の願いでもあります。

マンダラ手帳を活用する時、
是非、このマンダラ思考を学んでください。

学びと実践を同時にすることで
理解が深まります。

理解は実践した後に訪れます。

まずは学んで理由は分からなくても実践する。
これが学びの極意です。

===今日の発見=== 
先に理解しないと体が動かなかったから
私はとっても時間が掛かりました。
===========