人生計画の中の健康に書いたことで
2月から始めたことが3つあります。

1つ目は体の柔軟性を取り戻すこと。
気が付けば随分体が硬くなっていました。

30代頃は手のひらがぺたーっと床に着くくらい
身体が柔らかかったのですが、今は指先がかろうじて床に着くくらい。
「え」と身体の固さに愕然とします。

頭の中の私はずっと30代の体の柔らかさのままでした。
実際に前屈をしてみた時、ひざの裏は突っ張るし、
ふくらはぎは痛いし・・・楽にと言う姿からは程遠くなってしまってました。

健康についてはいつも気にはしています。
デモ歩くことばかりを考えていたので
体力面はそこそこあるのですが、柔軟性は片手落ちになってしまったようです。

身体が固くなっていると気付いたのは
服の脱ぎ着で靴下を履くとき脱ぐときでした。

片足立ちして靴下を履くのですが、足先に届きにくくなりました。
片足立ちするも、グラグラして壁にもたれるようにしないと
アブナイと感じるようになりました。

これはインナーマッスルが弱ってきているんじゃないか?
そんな疑いも出てきました。

そこで以前ブームになった開脚をしてみることにしたんです。
何せ複雑な動きは覚えられないので簡単な動作で出来るのが良いと思い
You Tubeで動画を探し、それを見ながらやっています。
今のところ順調。

これで股関節周りの固さの解消はできるでしょう。

2つ目はインナーマッスルに関すること。
前々からボルダリングをしてみたいと思っていました。

あちこち調べてみたら2駅先にボルダリングができる施設がありました。
そこへ見学に行ってスタッフの方とお話をしていて知ったのですが
ボルダリングってインナーマッスルを鍛える運動らしいです。
これは思わぬ収穫です。

二駅くらいなら楽に歩ける距離です。
行き帰り歩けばウォーキングも出来一石二鳥です。

家から往復するならスポーツウエアを着ていけば
着替える必要もないから、楽ちんです。

着替えるのが煩わしくて
運動系は敬遠してきたのですが、これならいけそうです。

その施設の中を見学させて頂いて、とってもワクワクしたのでした。

3つ目はコーラスです。
誰に遠慮することなく大声を出すことはストレス発散になります。
わめくのは喉を傷めるので、あくまでも優雅に美しく「歌う」。

歌は腹式呼吸をするので以外に内蔵のマッサージにもなります。
横隔膜を上下させるので普段意識して動かさない内臓に
刺激を与えることが出来ます。

それに歌うって音符を見て、歌詞を読んで、リズムを取るから
結構頭を使います。

コーラスはそこに人との調和も考えるので
自分の音以外にも人の音も気にしつつ、
調和するよう自分の出す声の音量もコントロールしていくという
結構複雑なことをいっぺんにしますから、
馴れないうちは大変です。

デモこれがピタッと息があってハモれた時の快感は
体験してみなければわかりません。

30年以上も歌うことを封印してきたのですが
やっぱり歌いたいと思うようになり、
それなら声が出るうちじゃなければと思っていたところ
知人がコーラス部員を募集していたので渡りに船と参加することにしたのです。

ただ漠然とやり続けるだけではつまらないので
まずは1か月目を目指して頑張ろうと考えています。

目標設定をする。
開脚は毎日。ボルダリングは週1回。コーラスは月2回。

オーなかなかいい感じじゃないですか!

これを手帳に書きこむのですが、
それぞれ時間を決めます。

開脚はお昼ご飯後の休憩時に。
ボルダリングはコーラスのある毎週火曜日の午後に。
コーラスは第一、第三火曜日の午前中に。

行き帰りの時間も一緒に書き込みブロックしておきます。
後はこの手帳に書いた予定通りの行動をするだけ。
簡単です。

何もしなくても健康なのは理想の状態かもしれませんが
年齢と共に体は下降線をたどります。
急カーブで下降するか、緩やかにカーブするかは
とても大きな違いを生みます。

人生長く現役で過ごすためには
健康に意識をして過ごすこと。
若いころと違い人生で重要なことは何か・・・
それは自然と変化していくのだということを知りました。
ありがとーマンダラ手帳。
ありがとー人生計画。

===今日の発見=== 
今年はやりたかったことが
早めに着手することが出来て
いい感じです。
===========