予定を立てない日は行き当たりばったりな一日を過ごしてしまいます。

身体を動かしたくなったら体を動かし、
じっとしていたかったらじっとしている。

思うがまま気ままと言えば聞こえはいいですが
なんだかすることにすっきり感がないというか、だらだらと言うか。

予定を立てて行動する日はピリッとしている感じがして気分もいい。
それはスタートとゴールが決まっているから。

「さぁやるぞ!」と心の中で自然にスイッチを入れているからでしょう。
頭の切り替えも瞬時にできて体中からやる気が充ち溢れています。

それは精神衛生にも影響してくるんじゃないかな?

行き当たりばったりな行動は
始める時、何となく迷っている気がします。
「やろうかな~、どうしようかな~」
「やめとこうかな~、やっぱりやろうかな~」

書けば優柔不断だと分かりますが、
頭の中で思っている時には何となくぼーっとしているというか
決めたくないことを迷っているというか

答えはやらない方向で決まっているけれども
なんだか罪悪感があるから
一応迷っている風を装っている・・・

なんて回りくどくて面倒くさいことをしているのでしょう。
こんな風に時間を過ごし、
どれだけ時間の垂れ流しをしてきたことでしょう。

マンダラ手帳を使い始めて数年たったころ
時間をブロックするという智慧をある方から頂きました。

それまでは線でここからここまでと時間を区切っていたのですが、
時間を四角く囲んでブロックすることで
時間の量を視覚化するのです。

睡眠時間を除いた実質16時間の内、
ブロックされる時間がはっきりとすることで
一日に自由に使える時間はそんなにないことが解りました。

書き方を変えるということは思考が変わり
時間の概念が変わるということです。

流されて生きる時間の流れから
一日のメリハリを作る時間の使い方に変わっていきました。

一日のどの時点でスイッチを入れ、
どこでスイッチをオフにするのかが決まれば
一日にメリハリが付き、時間にゆとりが生まれます。
是非試してみてください。

===今日の発見=== 
素直に取り入れたものは
素直に身に付く。
これが人生を変える秘訣。
===========