周りの方と話している時によく聞くのが和の暦のお話。
意外と多くの方が活用しているみたいですね。

もともと日本人の生活に合った暦なので
太陽暦を使っていてもそのDNAは私たちの中にあり
しっくりくるのは当たり前かもしれませんが・・・

ちょっと調べてみたら、新月(月が見えない日)が1日
満月は15日と捉えていたようです。

だから太陽暦を使いだしたときは相当戸惑ったでしょうね。
今年の1月は2日と31日が満月で17日が新月でしたから
随分とズレがあります。

でも和暦で生活していた時の日本人て、夜空をよく見ていたということですね。
なんてロマンチックな生き方なんでしょう。

先日数年ぶりに合った知人も和暦を取り入れてスケジューリングしていると
話していました。

和暦で言うと2月4日、
明日は立春で一年の始まる日です。

そこから一年を始めるとなんだか上手く回るんだとか・・・

「へぇーそうなんだ!なるほどね」
面白そうなので、私も今年は
和暦を取り入れた手帳の活用をしてみることにしました。

良いと思ったことは即実践。
今年はこれをモットーに行動していこうと思っています。

今年で12冊目のマンダラ手帳なんですが、
和暦を意識してみてみたら
満月・新月、それぞれの時刻、24節季、六曜(大安とか仏滅と言うもの)が
月間、週間共に書いてあるじゃないですか。

何と今までぼやーっと見ていてここは目に入っていなかった・・・
興味がないとこんなものです。
灯台下暗しです。

そこで今年はこの和暦を生活のリズムに取り入れてみようと思うので
年末に立てた人生計画を少し見直してみることにしました。

計画の実行を意識して過ごして1か月。
少し見直しが必要なこと、
書き方に少し表現の工夫が必要な項目が見えてきました。

今日は幸い2月3日。節分です。
和暦でいると大晦日。
間に合ったー。

今日中に手直しして明日の立春から2018年を本格スタートさせます。
太陽暦で過ごしてきた毎日から日本人本来の和暦で過ごしてみる毎日に
どんな変化が起こるのか、楽しみです。

===今日の発見=== 
大安とか仏滅とか六曜は意識したことあるけれども
満月、新月、24節季は意識したことなかったな。
日本人てホントに自然の中で自然を大切に
自然と共に生きてきたことが解りますね。
===========