女性の永遠のテーマ「ダイエット」
体重を今よりも-5キロ減らしたいとか、ウエストにくびれを作りたいとか、
女性らしい体型になりたいとか、願いは様々です。

願いがあっても、願いだけでは体重も減らないし、
くびれもできないし、女性らしい体型にももちろんなりません。

そうなるためには何らかの行動が必要になります。

つまり、願いと行動は2つで一つ。セットなのです。

願いが行動とセットになっているかどうか、振り返って思い出してみてください。
願いと行動がセットになっていたことは、実現出来ているでしょう。

若い頃どうしても入りたい音楽大学がありました。
そのために実技の猛練習をしました。家族も応援してくれました。
4年制は無理でしたが、短大には合格しました。

これは願いと行動がセットになったよい例です。

それと同じように
-5キロ減った自分
くびれができたウエスト
女性らしい体型にった私

これらは行動した後の結果です。
結果が先になることはありえないのです。

昨年、大親友だと思っていた子と訣別しました。
私の中に不信感が芽生えてきたからです。
信じられないこんな関係は嫌だ!と言うこれも願いです。

話し合いもしましたが、相容れず決別すると言う、
隠れ願いが実現することになりました。

願いが実現するのも、実現しないのも、実は願いに隠された動機が左右します。
本気で何を願うか。
一途に求めていることはなんなのか。

決別した「こんな関係は嫌だ!」→ 嫌だから別れる。
と言う単純思考での願いだと本当の願いを実現させることは無理です。

「こんな関係は嫌だ!」から、じゃあ本当はどんな関係になりたいの?
と心の奥深くに自分の本心を求めていかなければ、
本当に願っている善い結果には結び付きません。

誰でも善い結果を望んでいます。
でもそうならないのは、心の奥で悪い結果を願っている自分がいるからなんです。

だからこそ、本当は?と問いかけて自分と対話することが必要なのです。

悪い結果を望む心は、マンダラ思考で言うところの煩悩です。
煩悩優位で生きている人はそれが日常化しているので
すぐにはガテンがいかないと思います。

「ほらまた悪い結果が出た」「悪いことしか起こらない」
「私にはいいことなんか起こるはずがない」
そう思う人は、煩悩優位で生きています。

煩悩を「本当は?」と問うことで
善い結果を生み出すエネルギーに変えていけます。

なぜなら、煩悩は本当はこう願っていることがあるよ!
と教えてくれているサインだからです。

-5キロ減った自分
ウエストをくびれさせたい
女性らしい体型にった私
が本当に得たい結果って何だろう?
本当に欲しいものは何だろう?

それは「善い結果を手にする行動力のある自分になりたい」
と言うことなのかも知れませんね。

少しずつ自分の本当の気持ちに近づいていくためには
トライ&エラーが必要。
トライ&エラーは楽しまなくちゃ損!損!!

===今日の発見=== 
来年は善い結果を生み出すための行動を
増やしていこう!!
===========