先日ご紹介したさわらぎさんのFB投稿からお申し込みをいただきました。
とてもうれしくびっくりしました。

出来るだけ早い時期がご希望とのことでしたので、
日程を確認したところお申し込みの2日後しか私の都合が合わず
日もないことだったのでお電話を差し上げました。
お伝えしたところMさんも空いている日だということで
その日にお会いすることに!!

タイミングが合うってこういうことを言うのですね。
と思うほどトントンとやり取りも進み、当日を迎えます。

お申し込みの時点でわかっていることはお名前と簡単なお悩み事。
そしてマンダラ手帳を使ってみたい!と言うことだけ。

どんな方が目の前に座られるのかドキドキしながら
待ち合わせの喫茶店に早く行き、席を確保して待っていました。

やってきたMさんは小柄で笑顔のチャーミングな方でした。
お電話したときに手帳のサイズのアドバイスをさせていただいたら
早速ネットで注文され、当日お持ちになってこられたので
本気度が伝わってきました。
(マンダラ手帳は注文したら翌日には届きます)

今の現状をお伺いするところからお話を始めます。
ここが一番肝心!!
何が問題なのか、何に困っているか、その原因は何なのか
Mさんの頭の中を整理できるように
まずはざっくりと伺います。

そしてワークに取り組みます。
そうすることで、2017年が浮き彫りになり
来年どんな一年にしたいのかが見えてくるからです。

初めにさっくりと伺うのは、私がMさんのことを知るためでもあります。
人生計画を作るのは一人でもできますが、
初めて取り組むときはなかなか難しいものです。

ちょっとアドバイスをもらえたり、考える方向性を指示してもらうと
短時間でするするっと自分の想いの中に入っていくことが出来るからです。

例えるなら、行き止まりに立っている時、
そこに梯子をかけたり、橋を渡したりする役目が私だからです。

振返りは難なく出来ます。
それは自分の記憶の中にあることを思い出す作業だからです。

未来を創る時、ここで人によって差が出てきます。
Mさんの場合、お仕事に関して、随分と長く話をしました。
ここが一番Mさんが来年充実させていきたいと思っているところだったからです。

そのためにいろんな方向からMさんの想いを引き出していきます。
無理に誘導するのではなく、どんな思いもOK。
今思いが出てこなくてもOK。何を話すのもMさんの自由。
と言うのがいつも私が貫いているスタンスです。

想いが出てくるきっかけになる質問を私はするだけなのです。
その時私が注意していることが一つあります。

「マンダラ手帳を使いたい」とおっしゃる方に
私が過去にした失敗を繰り返さないこと。

マンダラ思考をベースに、おっしゃったことに対して
基本的な考え方を理解していただくこと。
そのために時間を使うことがあります。

「人生とビジネスを豊かにする」コンセプトのあるマンダラ手帳。
ただ使っていても『豊か』にはなりません。
『豊か』にする考え方があって初めてそうなれる道が見つかるからです。

Mさんのご感想
♪~♪~♪~♪~♪
頭の整理が出来、自分軸に必要なものが何かわかりました。
頂いたアドバイスをもとに、TRY & ERRORで
頑張ります。
♪~♪~♪~♪~♪

後日いただいたメッセージでは
頭がパンパンになったとおっしゃっていました。
自分の思考の軌道修正する時は
頭の中が葛藤を起こしますからね。

私は毎年の繰り返しで思考を修正してきましたから
頭がパンパンになることはありませんでした。
が、その分理解し人生が「良くなっていってるなー」と思えるまでに時間が掛かりました。

===今日の発見=== 
パンパンを選ぶか時間が掛かってもやり続けるか。
私も初期の頃にこんな風に同伴してくれる方がいてくれたら・・・
遠回りせず、もう少し早く人生何とかなったんじゃないかな。
===========