もともと一重の細い目です。
目元がどんよりしていて笑うと目が無くなります・・・^_^;

50代に入ったころからさらに細くなり、
眼瞼下垂の症状が出てきました。
眼瞼下垂とは簡単に言えばまぶたが重力に負けている状態です。

瞬きしてるのに、それではまぶたの筋肉は鍛えられないらしい。

そんな症状が出出してから極度の肩こりを自覚するようになりました。
目の細さと肩こりって関連があるみたいですね。

思いっきり目を見開くと、
視界が広がる~
明るくなる~
物がはっきりと見える~

快適なのですが、
ずっとパッチリ目にはしていられません。
そんなことしていたらずっと緊張状態でさらに疲れてしまいます。

そこで以前から気になっていたアイテープを探しに100均へ。
4種類ほどあったので、時間をかけてひとつずつ試してみました。

貼り辛かったり、先がチクチクしたり
心地よいものはないのかと最後のテープを試してみます。
最後に手に取ったのは医療用アイテープでした。

色合い、長さ、先の丸み
どれをとってもよさそうです。

ふにゃふにゃしているので少々貼りにくいのですが
これが一番しっくりきたのでした。
初めからこれを手にしていたらよかったのにと思いますが、
何事も経験。
試してみなければわかりませんからね。

そうして2年ほどたちますが・・・
アイテープを貼ると目元が明るくなるのは当然ですが
外見的にも変わりました。

目がぱっちりしている自分を鏡で見るのが心地よいんです。

この気持ち大事です。
アイテープを貼るのは本当は不自然なことですが
テープを貼っていない自分を見た時、
自分で自分にガッカリしてしまうんです。

細い目ながらもパッチリしていた時期がありますから。
黒目が見えないということは人相的にも影響をするようです。
目がキラキラしていないから、
人相悪く暗ーい人、生き生きしていない人に見えちゃうんです。

眼瞼下垂の改善法は手術をするという方法もあります。
日帰りで出来るようですし、毎日貼ったり外したりしなくていいので
楽ではありますが、テープでもどうにもならなくなったら
手術と言う手を考えようかと思っています。

目自体が悪いわけではありませんが、
心の健康に結び付くなら、これは人生を左右する重大なことです。

そしてアイテープを買うお金も必要になります。
100均ですから一か月100円で済みますが、
一年で1200円はかかっています。
それは固定費として経済の欄にしっかり書いておきましょう。

目がぱっちりと大きくなり、心のモヤモヤが取れると性格が明るくなります。
些細なことですが、心に変化も生まれます。
それは人格の欄に書き込むことも出来ます。

そして毎日ほぼ同じ目の形になるように貼る練習も必要です。
なのでそれは学習に入れましょうか。

と言う風に人生計画は一つのことをいろんな欄に入れることが出来ます。
捉え方は人それぞれ。

何をどんなふうに書いてもOK。
書くときの心の声に素直に耳を傾けることが大切なのです。

===今日の発見=== 
アイテープ一つでも
人生のことを多角的に捉えることが出来るね。
===========