触覚を利用するカスタマイズ法を昨日はご紹介しました。
パッと触ってパッと開く。
これがスムーズにできれば手帳の開け閉めも楽にできるはず。

持ち運んで使う以上、この機能を充実させることは必須です。

今日ご紹介するカスタマイズは視覚を利用するものです。
開いたそのページがいかに使いやすくて見やすいか。
この仕掛けが「ワーここに書きたい」と思わせるのです(笑)

その前に、もう一つ施した仕掛けがあります。
それは「表紙を開きたいな~」と思わせる仕掛けです。
定番の招き猫ちゃんのシールを手帳の表紙の裏側に貼りました。

たかが一枚のシールですが、この猫ちゃんを見ると
とてもホッコリするのです。
ささやかな工夫ですが、効果は絶大な・・はず・・・

そしてここにカッターで切り込みを入れました。
小物類を挟み込めるようにするためです。
少し大きめの物から小さめの物も・・・と言う理由で斜めに開けました。

この工夫があることで手帳に定規を差し込むことも出来ます。
普段名刺を持ち歩かないのですが、数枚入れておくことも出来ます。
ただし名刺が汚れないようにカバーは必要になりますけれども・・

さていよいよ書くページです。
まずはP4の人生計画。

ここはカスタマイズと言うよりも、
そのまま先日書いてきた人生計画を丁寧な字で書き写すことです。

ここに書くものは実行できるものや実行したいと思うものが書けているのが
ベストだと思うのですが、義務にはしたくない。
「しなければいけない」ものになっていると見るのがしんどくなります。
書く目的は実行することの先にあるものを目指すこと。

そのための一歩を記してあるだけだから目印くらいに思っていて丁度!
と言うのが私の書き方です。
「何のためにこれをするのか?」を常に思い出すように書く。
これポイントだと思っています。

P6のビジネス計画は4つに色分けしました。

これはインデックスと連動させています。
3か月ごとにまとめて流れを作っているのです。

このページは2017年版と同じやり方でマスを作っています。
もう一度同じ方法で計画づくりをしてみようと思い
枠と考え方を決めたところで、あと残り10日で仕上げていきます。

人生計画とビジネス計画が書けたということは
どんな人生にしようかな?
と自分の中の想いにアクセスできたのと同じことなので
いよいよここからデッサンを始めます。


P8からの年間計画はざっくりとアウトラインの計画を立てるところと
位置づけ定義を決めたので、もうすでに、このページを見るのが
楽しくなってきています。
ここに私の一年の進む道があると思うとワクワクするのです。
ここもビジネス計画と同じ色分けをしています。

ざっくりと眺めながらも、P4とP6で書いた計画を
落とし込んでいきます。あくまでもざっくりと。
どんなことをメインにしていくのか重要なことを仮決めするのです。

人生計画とビジネス計画の両方です。

ここを決めたらあとは各月間のページに行動を割り振っていきます。

ここも少し細かめのざっくりと。
びっちりと書き込んでしまうとしんどくなってしまいます。
自分の出来るペースを考えながら、がポイントです。

体調、体力と言うものはこの時点では考えからスポット抜けてしまっている物。
頭の中の自分はスーパーマンだからです。
自分の体調が悪くなるかもしれないな、
ここら辺で体調毎年崩すよな・・などということを思い出しながら
ペース配分を考えていきましょう。

後は週間のページですが、ここは現場のページ。
書き込みながら変更を加えていくページと思っているので
ここにはまだ手を付けません。

===今日の発見=== 
ホンマに手帳って家の建築とおんなじ。
===========