9月に2018年の手帳を購入してから3か月ちょい。
手帳に色々な仕掛けを試行錯誤しながら施してきました。
今日はその部分部分のご紹介をしたいと思います。

手帳を使う時の参考にしてくだされば幸いです。

仕掛けは仕掛けなのであまり細かくせずざっくりと!!が基本です。
ゴールは、書くページが見たいときに見られる状態にする!です

最初に取り組んだのは表紙作り。
これは毎日目にするところなので特に時間をかけたところです。

今回はグリーティングカードを4種類と金蒔絵のシールとネイルアートに使う金ラインのテープ。
ラインテープが浮いてこないようにトップコートも使用しました。
さて、これで一年持ってくれるかどうかですが・・・

2番目はインデックス。

月間のところに付けるのは定番ですが、今回は週間のところにも付けてみました。
無用の長物となるかどうかは一年間過ごしてみてのお楽しみです。

月間も週間も同じタイプのプラスティック型インデックスを貼りました。
月間は3か月ごとに色を分けて貼っています。
今年は4か月ごとにしたらなんだかイライラしちゃったんです。

ビジネス計画を立てる時、3か月をひとくくりにして計画を立てたので
そことの連動が上手くいかなかった反省があるからです。
実働計画よりも見栄えのイメージ先行でインデックスを貼ったことが失敗でした。

そしてもう一種類紙ベースのインデックスも使用しています。

2017年版ではカバンに入れた時のことを考えて手帳の下に貼ったのですが、
これも使いづらかった。
なので2018年版は上に統一することにしました。
なるべく頭がカバーからはみ出ないように気を配ったことは言うまでもありません。

これらのインデックスの目的はスマートに時短で目的のページを開くため。
元旦スタートからパパッと見たいページが開けるように、
手と目を慣らしておくことがこの時期重要な予定の一つになります。

そして最後、

カバーの裏側にハトメで穴をあけ、ゴムを通して手帳バンドを付けました。
市販のものはかわいいものがたくさんありますが、
私にとっては使用感がいまいち・・・と思うものが多いのです。
一番気になるのは厚みです。
厚みがあるということは荷物の総重量に影響があるということです。

なので小さなパーツではあるのですが、極力薄くて重さに響かない物。
それが条件でした。
採用したのは細いカラーのゴムひも(笑)
本体に取り付けたのでなくす心配もなくストレスが解消されると思っていますが・・・

明日は中の実際書くところにも、ちら見せでお見せした仕掛けも含めて
ご紹介したいと思います。
参考になりましたらアレンジを掛けてやってみてくださいね。

===今日の発見=== 
見える仕掛けが終わるとホッとします。
段々私の手帳になってゆくこの工程は
私にとっては手帳をスタートさせる
相撲で言うと貼り手のようなものかもしれない。
===========