手帳講師デビューのきっかけ

人にものを伝えるのは難しい「ウ~ン」

難しいと思うから余計に難しくなるのかもしれないけれど・・・

実際に難しいとか難しくないとかそんなことはどうでもいい。

「伝えたいなぁ」と思うものが心の中にあることがうれしいな。

私の持っているもの(手帳)、持っている情報や知識が誰かの役に立つ。

きっと立つ。

そう思えるようになるまでに何年かかったことか。

何のとりえもなく、ただ家の中でひたすらゲームで時間をつぶしていた私が、

自分のために手帳を使うようになり、マンダラ手帳に出会い、

亡き知人の後押しで手帳講師デビューさせてもらった。

あれから5年。

初めての講座をするためにいっぱい知恵を出してもらい、

準備をしたことが懐かしく思い出されます。

その知人のためにも手帳講師と言う役割を大切にすると誓います。

===今日の発見===
手帳講師の第一歩は
亡き知人のおかげだったなー。
改めてありがとうー。がんばるからね。
===========