アイデアや言葉が閃くタイミングっていう時間帯は決まっているらしい。

① 入浴している時
② 散歩をしている時
③ もう寝ようとしている時

この3つの時間帯に共通しているのはリラックスしている時間ということ。
「ホっ」と一息ついている時です。

そんな時に限ってメモするものや録音できるスマホがない。
あったとしてもカバンの中に入っていて
「スマホはどこ?」と探している間に
浮かんだ言葉は消えてしまいます。

もうそれは瞬間に。
泣くに泣けない悔しい気持ちにもなりますが、
消えてしまったものはしょうがない。
次に思い浮かぶまで待つしかないですね。

ただ待つのではなくコツがあります。
それは・・・

期待しないで待つ。

「出てこい」「出てこい」と思えば思うほど言葉は尻込みして
出なくなってしまいますから、
「また今度ねー」くらいでとどめておくとよいようです。

これはとっても大切です。
ある日突然閃くって、それは偶然でもなんでもなくて、
本当に何か一つのことを熱心に思い続けているから起こること。

偶然ではなく必然。

どれだけ一つのことを思い続けていられるか、
どれだけそのことに時間を掛けられたか、
そのご褒美としてある日、素晴らしいアイデアや
言葉が生まれてくるのだと思います。

浮かんですぐ消えるアイデアや言葉は
まだ思い続け尽くしてないよ。
まだ時間が足りてないよと言うサインだと受け取ることにしています。

マンダラ手帳の発売は9月です。
9月10月11月の3か月の間に
新しい一年への願いを深める時を持ちました。

ここにきてくっきりと見えてきた2018年。
今、このブログをかきながら
ポコポコとイメージが言葉になって生まれてきました。

各項目の方向性も書き出しました。
後は行動レベルのピースを書き出していくだけ。
ここまで来たらあともう一息です。

12月12日のお披露目に間に合いそうです。
やったー♡

===今日の発見=== 
ポコポコ生まれた言葉は
少し寝かして熟成させます。
まるでワインやな。
===========