川の流れを見ていると、
葉っぱが浮いているのを見かけるときがあります。

見るともなしについ、
葉っぱを目で追ってしまっています。
何を感じて、何を見ているのかな?

川の流れが時間で
葉っぱが私。

流されている。

そう感じるときは、きっと自分の人生も流されていると思っているんでしょう。

上手く流れに乗っているなぁー。

そう感じるときは、人生の波に乗っているときなのかもしれません。

葉っぱは水の上にあって、
流れているだけ。

それを見ているだけで
自分の人生とダブって見えるとき。
そんな時間は貴重です。

自然はただ「ある」だけですが、
色んなことを教えてくれる先生でもあります。

言葉でなく、あるだけで…

葉っぱの行方と川の流れと人生を重ね合わせて見たときに、
何を感じているのか?

言葉にならなくてもいい。

水の流れは速いのか、遅いのか
激流なのか、穏やかなのか
心地よいのか、そうでないのか

ただの川の流れと葉っぱだけども
そんなことを感じながら眺めてみるのも
ものを見る視点の広がりをもたらしてくれます。

思考に行き詰まりを感じたら
自然に触れてみるといい。

きっと何かのヒントを見つけることができるから。

===今日の発見=== 
特別な場所にいかなくても
身近なところにたくさんの自然がある。
小さな自然も雄大な自然も
探せばある。
日常にいつも寄り添ってくれている。
===========