「減らす」「免れる」「節約する」
その漢字の意味を知っていたら迷うことはないのに
とクスッと笑えてしまうことがありました。

ある電車の中でのことでした。
私の乗る一駅前に大学があり、
時間帯によっては学生さんが車内にたくさんいます。

たまたま私が乗り込んだ車内には女の子たちが立っていました。

耳は勝手に誰かの話を拾ってきます。

その子たちは何やら就職のことを話題にしていたようで
私の耳に特にはっきりと聞こえてきたのが

「減税・免税」

話の内容からその子は「節税」のことを友達に伝えたかったようですが
言葉が出てこず「減税」「免税」を繰り返すばかり。
思わず「それ節税のことよ」と教えてあげたくなりました。

言葉が分からず似たような言葉しか出てこないことってありますよね。

もう恥ずかしいやら、焦るやら・・
しまいには「もうどっちでもいいわ」となってしまいます。

周りにいた子たちもその子の言いたいことは分かっていたようでしたが
「節税」と言う言葉は出てこずでした。

実際に社会人として世の中の仕組みが分からなければ
言葉は知っていても、意味がつながらないことってたくさんあります。
社会人になってもわからないことはたくさんありますからね。

きっとこの子も減税ってどういうことか、免税って何のことか、節税って・・・
ということが経験の中で一致する時が来るでしょう。

今日の恥は明日の智慧。

自分の中から無知でもなんでも出せばいい。
そうしたら自分の知識の危うさが分かるから。

出すことは経験になる。
経験は力になる。
恥ずかしい気持ちを味わうから成長をする。

今日は女子大生へのエールをつづってみました。

===今日の発見=== 
出して出して出しまくれ!!!
今の私も一緒!
===========