朝起きた。
気が付いたら夜になっていた(笑)

これは極端かもしれませんが
こんな感覚ですごしていた時期がありました。

イエ、今でも時々そんな時あります。
そんな時「これはいけない。もったいない」
と思うんです。

せっかく目が覚めた一日なのに、
気が付いたら夜だったなんて
一日の時間を何に使ったんだろう・・・
何をしたのか分からないって・・・。

起きた途端“どこでもドア”で夜になっちゃった?
と思うくらい何をしたのか記憶に残っていないのに
愕然としました。

何かをやっているはずなのに、その記憶が抜け落ちたように
無くなっているなんて、悲しすぎます。

気が付けば夜だった・・・

何かをしている瞬間瞬間は楽しかったはずなのに
いったい何をしていたんだろう?

そんな疑問がわき出てたのがきっかけで
時間と「したこと」の記録を取るようになりました。

初めは上手く記録を取れませんでした。
したことの無いことを始めるのですから当然ですが、
これはやり続けたいと思う気持ちが勝ったので
虫食いながらも習慣になってきました。

一日を振返って記録を取るのは難しいので
何かを1つする。
終わった時に記録を取る。
と言う方法が今は定着しています。
もちろん忘れることもありますが
15分一単位で動いたことを記録しています。
以前も書いた「一日時間地図」と名付けたシートを活用しています。

2時間続けたら2時間終了した時点で記録する。
大雑把でいいんです。
あまり神経質にならずに
大体こんなくらいの時間だったな。
そんなゆるゆるで記録します。

その記録をする時間にお茶を飲んだり、
次の作業への気持ちの切り替えをするわけです。

その記録を元に夜手帳本体に一日の行動と
感想を書いています。

===今日の発見=== 
あっという間に過ぎてしまう時間の中で
実はとてもたくさんのことをしていることが解りました。
===========