私は、どちらかと言うと
過去を大切にしたいと思っています。
過去の出来事は経験だからです。

どんな経験もそこには未来を生きるヒントが
たくさん隠れています。

と言うよりも未来を生きるベースは
過去にしかない。
と確信しています。

過去にあるもの・・・
楽しい思い出は当然あるとして、
それだけじゃないですよね。

・後悔
・悔しい思い
・悲しい思い
・ただただ怒り
・頑張った思い出
・頑張れなかった思い出
・誰かを応援したこと
・一人でめそめそしたこと・・・etc
たくさんたくさんあります。

その思いに釘付けになっていたら
その気持ちから離れることが出来ず苦しいまま。

ゲームのようにリセットしたいと思ってしまいますが、
過去をリセットすることなんて誰にもできないんです。

未来はそれらの先にあるもの。
決して切り離されてあるものではありません。

でもやりがちなのが、
「それはそれ!」
と過去をなかったことにしてしまおうと
過去にフタをすることです。

蓋をするだけだから、
解決したわけでも、消えたわけでもありません。

私は思います。
不の出来事、感情をなかったことにするなんてもったいない。
不の出来事は不の心が作り出しています。
「不安」「不満」「不足」「不幸」「不可能」「不穏」「不快」
それらを感じているのは誰か?
ということなんです。

そこに人生を良くするヒントが一杯あるんです。
「不安」「不満」「不足」「不幸」「不可能」「不穏」「不快」
それらを感じているのは「自分」じゃないですか?
それはまさに自分が本当はどうしたい、どうなりたい
と言う気持ちのサインです。

不安になるのはなぜ?
不満・不足・不幸・不快・不穏を感じるのはどうして?
不可能と思うのは何を見ているから?

物事には表があれば裏がある。
「不」は裏の感情で気持ちです。
じゃあ、自分の表の気持ち、感情は何だろう?

そう自分に問いかけてみてください。
きっと何かが変わってきますから。

土台の無い家が建たないように、
航海図がなければ航海が出来ないように
人生にも土台が必要だし、航海図が必要です。

それを見つける一つの方法が
マンダラ手帳にはあります。

マンダラ手帳であなたの「幸せの青い鳥」を
探してみませんか?

手帳のワークはいつからでも始められます。

===今日の発見=== 
いつでも人は変化できる。
心を変えるスイッチを見つければ
誰にでもできること。
===========