「手帳2冊使ったことってありますか?」
と朝活メンバーさんに聞かれました。

しばしシンキングタイム。

手帳のコーナーに行って2冊使おうかどうしようか悩んだことがあったな。
とは思ったけれども、実際には面倒なので使わなかった。
とお返事したんですが、「え?ホンマニ?」と突っ込みを入れる
自分の心の声にハッとします。

「いや~ン。ウッソー!」
今現在複数使ってるやんと思いました。

家専用の自作の手帳。
これは作業机に開きっぱなしにしておいて、
いつでも確認できるようにしている週間管理の手帳。
家での作業をしやすくするためのもので、空き時間をイメージするもの。

もう一冊さらに使っている物がありました。
何度かこのブログでもご紹介している
「一日時間地図」と名前を付けている、これも自作の手帳。

その手帳たちの写真をFBのグループに送ると
「(>_<)ひえぇ!」とお返事が(笑) 私には3冊「も」使っているという自覚がありませんでした。 そうです。 私手帳3冊使っています!! それが出来ているのは 1冊ずつ使う目的と理由が明確なこと。 3冊同時に使うことはないということ。 使い続けることでそれぞれの手帳に向かい合う時間が 生活の中に固定されるようになったこと。 つまり、習慣化されたということです。 そうなるためにはやはり、時間はかかりましたが 使いたいという気持ちが勝っていたこと。 使って時間を上手く生きられるようになりたいと 願っていたことがベースにあります。 今までのどうしようもない生活、後悔ばかりする生活から 脱出する方法が手帳の3冊づかいに結実したんです。 そのヒントはマンダラ手帳にありますが、 その話はまた今度。 ===今日の発見===  これは私の方法。 これでやっと時間管理が上手くいくようになった。 後悔から生み出された時間管理術。 でも何度も言うけど、 私が見つけた私にぴったりの方法です。 人にはエッセンスしか伝えませんから安心してね。 ===========