今のこの時期、この時間を迎えられたということは、
つつがない9ヶ月を過ごせたからだと思います。

ですがこれは結果としてみた時に感じたことです。

大きな事故はありませんでしたが、
家族の入院や小さないさかいも少しはしましたが
トータルで見て「つつがなく」 過ぎたように感じる9ヶ月。

ひとつひとつの出来事を思い起こせば
心のアップダウンの激しい年でした。

嬉しいことがあったと思ったら、
「私なんて・・・」と落ち込む。
鬱々と思い惑う日々もあったりして、
大きく揺れる波に翻弄されているようなかんじです。

心はこんなふうに波立つものなのだ
ということを久しぶりに味わった2017年。

そう思って手帳の人生計画のページを見てみると、
どうも 言葉だけが先行し
「こうしなきゃ」「こうしたほうがいい」的な目標に感じます。

心の中との対話が少なかったのかしら2018年は・・・
その反省も踏まえ、
心がしっかりと前を向く 「人生の仕事を生きる」
「自分の時間を余すことなく使いきる」と言うことができる年にしたいな
と思っています。

明日から始まる2017年残り3ヶ月は、
そのための動線作り。
マンダラ手帳に出会い、使い続けてきて上手くいったこと、
上手くいかなかったこと・・・

そんなことを思い出しながら、どんな風に来年に命を繋いでいくかを考える時間。
そんなヒントをもらいに
今年はマンダラチャートフェスティバルに来ています。

たくさんのお土産をもって帰ろうと思います。
楽しみにしていてくださいね。
手帳のトレーニングの中でおろしていきますから‼

===今日の発見=== 
どんな一年にしようかと考えるのは
人生の道作り
===========