何気ないときにふと目にする過去の写真。
懐かしいものもあれば、
今はもう二度と見たくない・・・思い出したくない写真もある。

その時は楽しい思い出として撮ったはずの写真が
今は目にするのも嫌だと思ってしまう。

人の心の不思議。
心が変わったんだ。

嫌な思い出をわざわざ写真に残す人なんていない。
日常で感動したもの、美しいと思ったものだから
思い出として切り撮っている。

愛のまなざしを向けて
その姿形を写し撮っている。

私の場合は食べ物。空。花。光を感じさせるもの。
影。色のコントラストを感じさせるものもあるかな。

今まで何枚そういうものを撮ってきただろう。
きっと万は撮っていると思う。

その一枚一枚をたどる時、
懐かしい気持ちと共に、その時の情景がよみがえり
一瞬でその時にタイムスリップする。

でも、過ぎた過去は今はもうない。
その時からどれほどの時間が過ぎたんだろう。

過去の写真から時間の流れを感じる時、
二度と帰ってはこないときがあることを知る。

あのときよりも今は輝いているだろうか。
そして今日はどんな場面を切り撮りたいと思うだろう。
どんな景色に出会うだろう

どの場面も二度ない一期一会のとき。
愛のまなざしを持って、慈しんで
その「時」その「瞬間」を切り撮ろう。

===今日の発見=== 
切り撮ったその時の気持ちを
大切にしよう。
ふとそう思った。
===========