「どれにしようかな~」「こっちかなぁ・・・」「あっちかなぁ・・・」
人生には迷う時があります。
大きなことでも、些細なことでも人はいろいろ迷います。

人生にとって悩ましい時期が今年もやってきました。
来年の手帳選び。

本屋さんの手帳コーナーもここら辺から売り場を拡大し始める時期ですね。
もう、悩みに悩みまくります。

その気持ちわかる気がします。

たかが手帳。スケジュールを管理したり、予定を書き込んだりするだけですが
手帳の表紙が気に入ったのに、中の手帳のシステムがちょっと・・・
逆にシステムはいいんだけれども、デザインが・・・
と、もう何冊も手に取って、使える時間ぎりぎりまで迷います。

手帳を選ぶ決め手がない。

それが手帳をなかなか選べない最大の原因だと思います。
手帳を選ぶ時、ただ漠然と手帳を選んでいませんか。
きっとそれが問題なんです。

初めて手帳を買いに行くなら、手帳コーナーで迷うことも仕方がないと思います。
でも、これまでに何冊か手帳を使ってきた経験があるなら、
その手帳のどこに不満を感じていたのか?
ということを洗い出すことで、手帳コーナーの前で迷う時間が半減します。

不満を感じていた手帳と同じシステムの手帳は選ばない。
と言う選択ができるからです。

ただ漠然と選ばない。

人生の勝負をするための手帳選びをするのか
カジュアルに生きる為に手帳を選ぶのか

だって、服だって勝負服とか、リラックスウエアとかあるじゃないですか。
手帳にもあるんですよ。

それは表紙と値段を見ればわかります。
100均に売っているか、口コミで販売されている物か。
それだけでも違います。

手帳はどんな人生を生きていきたいかを方向付けていくものです。
何となく予定の管理が出来ればいい。と思って選べば
何となくの人生になりますし

こう生きたいから、人生計画を作りたい。
と思えばそう言う手帳を選ばなければ、生きたい人生を生きることはできません。

手帳は人生の牽引をする力を持っている物と私は考えています。
是非、どんな手帳を選びたいのか、
人生の勝負をしたいのか、カジュアルに生きたいのか
時間を追いたいのか、時間に追いかけられたいのか

そんなことを考える時間を持ってから手帳を探してみてください。
きっと自分によりピッタリな手帳を選ぶことが出来るようになりますよ。

===今日の発見=== 
「どんな手帳を選びたいのか」
それは
「どんな人生を生きたいのか」
ということ。
迷うということはそれだけ自分に
真剣なんだということ。
===========