会話の最後に「萩野さんは今自分のこと好きですか」と聞かれました。
不意打ちの質問だったんですが、
スラっと「好きですよ」と答えていた自分にびっくりしました。

自分のことが「好きです」なんて
数年前までの私はスラッと答えることは出来なかった。

人目を気にして「好きです」と答えたとしても、
一瞬の心のためらいを感じながらの返事になっていたはず。

人生で何のためらいもなく「自分のことが好きです」
と答えられるって、なんて幸せなことなんだろうとその時感じました。

思えば色んな自分が嫌いでした。

グジグジしているところ
決断力がないところ
失敗して恥ずかしいのに平気なふりをしてしまうところ
何でもわかっているように振る舞うところ
自信がないのに、自信満々を演じてしまうところ…

一番嫌いだったのは素直だと信じて疑わなかった自分が、
実は全然素直じゃなかったこと。

そんな自分を許せないと思いました。

許せない自分が、許せない。
どうやって許せばいいのか分からない。
許せないの悪循環。

そんな自分をひた隠して、如何にも私は私のことを大好きです~!
なオーラを発している気でいたんですけれどもね。
言葉の端々に、ちょっとした態度にきっと出ていたと思います。
「私本当は自分のこと好きじゃないんです…」って。

60才になってようやく「自分のことが好きです」
と一点の曇りもなく言えるようになれた。
色んな人との出会いと関わりの中で自分のこと嫌い!を克服することが出来た。

嬉しいな。
自分のことが好きでいられる人生が来るなんて。

人との嬉しい出会いだけでなく、嫌な出会いがあってこそ
自分のことが好きになれることもある。
生まれてきて良かったー
と心から言える人生は素晴らしい。

===今日の発見=== 
こんな私になれたのは
マンダラ手帳の人生計画のおかげです。
生きたい人生を自分に問いかけ続けたからこそ
自分がやりたいことを見つけられたから。
随分時間がかかったけれども
想い続けていたから見つけられた人生だと思う。
===========