手帳の記事を書くときによく使う表現に
「人生計画創り」と言うのがあります。
その時なぜ私は「作る」と言う字を使わずに「創る」を使うのか?

ちょっとこれは私なりのこだわりなんですが・・・

人生の計画とは、未来を想像し、そうなるように行動することです。

「どんな未来を生きたいか」と考えた時
しばし未来の自分、未来の自分の身の回り、どんな世の中になっているのか
そんな壮大なところまでイメージをすることがあります。

今はないけれども、そうなるよう願って行動し続けたら
きっと思い描いた未来にすることが出来る。
そう信じて「今」を生きることは楽しいことです。

誰かに作ってもらう未来ではなく、自分で思い描いた自分の未来を創る。
そんな意味も込めて「創る」と言う字を使っています。

人生計画を通して自分の未来を想像し、想像したような未来を創造する。
それが人生生きる醍醐味じゃないかと思うのです。

言葉にすると同じ「つくる」ですが、字には意味が込められています。
文章を書くときは特に漢字の意味を調べながら書いています。

「作る」と「創る」。
正式文書の場合にはこういう時も本当は「作る」を使うんだそうです。
知らなかった。

でも私的文書の場合には「創る」を使ってもいいということなので
これからも私は「創る」にこだわって使うことにします。

===今日の発見===
ブログを書くようになって
少しずつ賢くなっていく気がする(笑)
===========

「作る」「創る」「造る」の違いを知りたい方はこちらをどうぞ