「わぁ――――――――」
ズラーっと並んだ手帳コーナーの手帳、手帳、手帳の山に、
心が一瞬で戦闘モードに入ります。
いったい何の戦闘モードだか(笑)

手帳を見に来ただけで、買うわけではないのに。
私は来年もマンダラ手帳を買うと決めているのに、
手帳の山を見ると条件反射のように心が反応してしまいます。

手帳のコーナーに行くまでは
「どんな手帳があるかなー」とワクワクしていたのですが、
手帳を見た途端、一瞬で気持ちがピリッと変化したのには
自分でもおかしくなってしまいました。

手帳コーナーには数人の方が、立ち止まり、
一冊一冊を手に取り、中身を確認してはぱたんと閉じて元の場所に戻す。

あるいは手帳の山を前にして、どれを手に取っていいのやら
ボー然と立ちすくんでいるように見える方もいらっしゃいました。

皆さん、もう2018年に想いを飛ばし、
「来年こそは手帳を上手く使いたい」とか
「もっと書きやすい手帳はないか」とか
「いい加減自分にピッタリな手帳が見つからないかな」
なんて考えているのかもしれません。

手帳は一年に一冊限定で選ぶものなので
毎年手帳を選ぶ時の苦労は身に染みて分かります。

手に取って見た感じの印象と、使ってみての実感には差がありますからね。

ミスマッチング100%はとっても悲しいし、残念です。
少しでもマッチング100%に近づけるには、
気になる手帳も、気にならない手帳も
とにかく手に取って見てみるしかありません。

手帳を選ぶ時の外せない条件を満たせていたらいいかな。
くらいの気持ちで探してみることです。
まずは、どんな手帳を探しているのか
外せない条件は何なのかを書き出してみることをお勧めします。

100%自分好みの手帳は無い!と思って丁度です。

===今日の発見===
手帳探しに膨大な時間を使ってきたな~
===========