「時間」と言うのが私にとってはいつも課題でした。

例えば二度寝をしては「二度寝しなければあれが出来たのに、これも出来たのに・・・」
と後悔をする。

支度が間に合わないと焦り、バタバタと動き回り
汗だくになりついでに忘れ物もする始末。

遅刻をしても表面上は慌てていないふりをしていました。
私のその堂々とした悪びれの無い行動と態度を見続けたある人は、
「むしろほれぼれするわ」とあきれて言われたのに、フフンと得意に思ったものです。
恥ずかしさからの開き直りです。
今から思うと、めちゃくちゃ迷惑をかけていたのに・・・

時間の逆算の甘さでバタバタしていた時代の思い出です。

いつも時間に余裕をなくし、時間から追いかけられるように生きてきた。

人生に課題があるとしたら、間違いなく私の課題は時間の管理でしょう。
手帳を使うようになり、だからいつも時間を意識してきました。

どうやったら上手く時間を使えるようになるのか。
どうやったら優雅な時間を過ごすことが出来るのか。

それは予定が入っている日も、一日家にいる日もそう時間を使いたいと思ってきました。

時間にゆとりを持って背筋を伸ばして優雅に歩きふるまいたかった。
そうするためにどう時間と向き合い、どう時間を使いこなせばいいのか・・・
いつもいつも格闘し続けてきました。

バタバタしては後悔をし、上手く時間を使えたらガッツポーズをし、
3歩進んで2歩下がる式に少しずつ時間を上手に使えるコツを体得してきました。

時間の感覚は体にしみ込ませないと中々上手く使えません。
だけども、一度だらっとするとそう言う時間の感覚はすぐに体が覚えてしまいます。

「本当はどうしたい?どうなりたい?」とイメージを自分の中に描き続け
行動し続けバタバタし、後悔し、思い直す。

新たな時間の感覚を身に付けるのはそういうことの繰り返しの結果かもしれない。

===今日の発見===
534,264時間かかってやっと・・・
やっと自分らしい時間の過ごし方が分かってきた。
人生って捨てたもんじゃないぞ!と思う。
===========