「今日も一日を大切に過ごすぞー」。
朝目覚めるとそう気合いを入れる時があります。

「大切にする」と言う言葉は考えてみると便利な言葉です。
だって誰でもいつでも使える言葉だし、
「大切」と一言いうだけで「大切」なんだーと受け取ってもらえるからです。
でも何を?

何を大切にするのかは、その言葉を発している本人にしかわかりません。

「○○を大切にする」「○○を大切にしたい」
「こんなことが大切だと思っている」
と言うように○○の中に入る「命」や「生きていること」や「人との関わり」と言うような言葉があって――ほかにもいろんな言葉が入ると思います――
初めてその人が大切にしたい物や事が分かります。

じゃぁ、自分はどう?私は何が大切?と問いかけた時、
この言葉の裏側、無意識下で
こんなことをささやいている私に出合いました。

・私は自分を大切に出来る人だよー
・大切にする気持ちがある人だよー
・大切にすると言う決定ができる人だよー

大切と言う言葉を使うとき、
私の中には自己陶酔が生まれているように思うのです。
自分の発した言葉に自分が酔っぱらっている(笑)

実は大切にしたい確たる物がある訳ではなく
実は大切にしたい物に出会っているわけではなく・・・

大切にしたい物がない人に見られたくなくて
闇雲に使っていたのかもしれません。

「大切」と言う言葉を使っていた時にいつも感じていた空虚感は、
自分自身が大切にしたい物や事をしっかりと見つけられていなかったからだと
分かったんです。マンダラ手帳に出会ってね。
アラー…ショック💦

大切にしたい物に一刻でも早く出会ってほしい。
自分の大切にしたい物や事はこういうこと!
と自分の大切を胸に失火仮と抱えてほしい。

そのことのために存分に自分時間を使えるようになってほしい。
私はいつもそう願っています。

大切にしたい物を見つけ、そのことのために時間を使うために
人は生まれてきたのではないかと思います。

===今日の発見===
自分が幸せに生きることが何よりも大切。
今が幸せと思えることが大切。
===========