2年前に父が亡くなり、今年の4月に母が亡くなり、
今年のお盆は二人一緒にお参りします。

お盆の8月15日は父の誕生日、そして終戦記念日。
父が亡くなったのは10月15日。
母は4月15日に亡くなりました。

何故15日?
15日と言う日に縁が深い二人です。

このお盆に向けて二人の人生を思いだし、ノートに書きつけているのですが、
鮮明に思い出すのは母のことばかり。
父はお酒を飲んでは悪酔いをし、機嫌が悪かったことしか思い出せません。

アラマ!!!
父がしらふで会話をしたことはほとんどなかったことに気が付きました。

母は生まれ育った家庭のことや、子供時代のこと等よく話してくれていましたから
母の情報はたくさん持っています。

我が家のコミュニケーションはほぼ親から子へと言う一方通行型だったので
私は多くの不満を抱えることになりました、
「あの時、こうしていたら、アーしていたら・・・」
と言う想いがあとからあとから湧いて出てきますが

後悔先に立たず。

せめてこのお盆の時期、二人の写真と向かい合って、
当時は話せなかったことを写真越しに語って過ごしたいと思います。

===今日の発見===
亡くなってしまったら
嫌だったことも不思議に消化されていきます。
何に反発していたんだろう?
===========