時間も整理整頓しなければ時間に追われる毎日を過ごすことになります。

昨日の記事では時間の整理整頓の仕方をお伝えしきれなかったので、
今日は補足としてお伝えしようと思います。

まず家一軒が24時間と考えてみるということの提案でしたが、
家は見えますが、時間は見ることもふれることも出来ません。

気が付くと「あ」と言う間に過ぎてしまうのが時間です。
目ないものをどう見えるようにするのか?

それが手帳の役割。と言うところまでお伝えしました。

誰もが等しく持っている24時間。
その24時間をどう活用するかは人それぞれに任されています。
活用する、しないは個人の自由なんです。

見えない時間を見えるようにするものの一つが「予定」。
予定と言うと人との約束に囚われがちですが、
そうではありません。

歯磨きしたり、食事をしたり、トイレに行ったりお風呂に入るなど
毎日毎日自然としている行動も予定です。

不規則に行くトイレは別として
他のものは時間を固定することが可能なことばかりです。

人に連絡を入れる、移動の時間、FBをのぞく等々
日常の中には細切れの予定も数多くあります。
それらを24時間の中にどうまとめるか、整理するか、
どこに固定するか・・・

それは人それぞれの生活に合わせて整理整頓していけばいいと思います。

===今日の発見===
時間にも大きな塊、小さな塊がある。
それを自分の毎日の行動の中から見つけることで
時間の整理整頓がしやすくなります。
===========