ブログ記事を書こうと思い、あるキーワードを調べる為にググっていたら

“人生の教科書 Happy Life Style”と言うメルマガに

ちょっと興味深い記事を見つけました。

アマチュアとプロの30の違いと題した記事です。。

「アマチュアは上達すれば基本を卒業する。

プロはどんなに上達しても、基本を卒業しない」と書いてあったのです。

「あー確かにそうかもしれない」と思いました。

我が家では今相撲の勝敗のニュースを見るのが夫婦の楽しみなんです。

今季名古屋場所での白鳳の練習風景が画像付きで

ニュースによく取り上げられていたので

ご覧になった方も多いと思います。

朝一時間、みっちりと基本稽古をしてから、取組練習をする。

毎朝毎朝欠かしたことがないそうです。

基本って地味で面白みがなくてつまらないものと考えがちですが、

本当はそうではないんですね。

基本を忘れず、体にしみ込ませるから強くなれる。

そんなふうに感じさせてもらいました。

基本練習を忘れない代表として野球のイチロー選手もいますよね。

どれだけ基本を叩きこむかによって応用できるようになるということらしいです。

それは手帳の使い方にも言えるんじゃないかな。

手帳にも“基本”と言えるものがあります。

それを教えてくれるところも人もあまりありませんが・・

自己流で手帳を使っていると挫折することも多いです。

手帳の使い方を知って使うから手帳が育ち

手帳が育つから使っている人の人生が思い通りに加速していく。

そんな好循環を作ることが出来るんだと感じます。

「基本に忠実に!」はどこの世界にも通じる普遍の原理ですね。

===今日の発見===
基本の大切さに気付いた人は
ぶれることがないんだな。
なぜなら不具合が起こった時に
戻れる場所があるから
===========